たるみ防止でおばさん化ストップ

美魔女ヘッダー

Home | 35歳が分かれ道 | 筋力アップ | 妊娠線に負けない美魔女 | たるみ防止 | | Links

後悔したスキンケア 女性に限らず10代や二十歳そこそこの時は将来自分が老け込むことなど想像もしていないもの。

ところが30代後半を過ぎるとあちこちにできてくるシミやしわ、くすみなどのお肌トラブルに意気消沈、おばさん化にまっしぐらな自分に遅ればせながら気づくのです。
そんな女性は若いときからもっとお肌に注意しておけばよかったと後悔するもの。


女性たちがスキンケアで後悔していることを紹介します

シミ、くすみ

若いときは日焼けなど気にせず、海や山でのレジャーでガンガン日光浴を楽しんでいたのでは。
ところが太陽光線に含まれる紫外線が徐々に皮膚に蓄積し、中年以降にお肌トラブルを引き起こしてしまいます。

シミやくすみはメラトニンの増加が原因ですが、紫外線の刺激でメラトニンが増加します。


しわ

しわも紫外線の影響は大きいですが、保湿などのスキンケアを入念に行っているとできにくくなります。

しわ解消のケアも若いときから始めたほうが効果的です。


たるみ、クマ

目元の皮膚がたるむとクマができたように見え、途端に老け顔になってしまいます。
クマができないようにお肌のハリを保つにはスキンケアはもちろん、日ごろの生活習慣やバランスの取れた食事など健康にも注意している必要があります。


あなたは暴飲暴食して翌日まで疲れが残るほど無茶をしていませんか。
スキンケアを怠ったり、メイクを落とさず寝てしまったりするとてきめんにお肌を痛めてしまいます。


老け顔に見えるのは特に目の周りにたるみやしわなどが目立っている時です。
目の周りの皮膚は薄いのでたるみ易く、スキンケアには細心の注意が必要。

目のたるみが気になり始めたら
目のたるみを解消するスキンケア方法
サイトが参考になります。

一度できてしまうとなかなか解消するのがむつかしいまぶたのたるみやクマ。
少しでも改善できる方法を探ってみてはどうでしょう。




Home | 35歳が分かれ道 | 筋力アップ | 妊娠線に負けない美魔女 | たるみ防止 | | | Links

Copyright All rights reserved